40歳くらいで精神疾患の方の成年後見人もしています(「後見」ではなく、「補佐」)。
この方は統合失調症で、入退院を20歳から繰り返しています。
母親が亡くなり、父親も亡くなったことで面倒を見てくれる人がいなくなり、法定後見制度の「補佐」の申し立てを、父親が経営していた会社の秘書の方がしてくれました。

 自宅だったマンションには父が自殺したショックで住めなくなり、賃貸アパートを借りて一人暮らしをされています。
位牌は私の事務所で預かっています。

また親族からは縁を切られているようです。
預貯金はありますが、3ヶ月間隔くらいで入院しなければなりません。

まわりに危害は加える事は無く、自分でそろそろ駄目だと思うと、「入院します」、という連絡が来ています。