日本経済新聞社の報道によると、中国の太陽電池大手、サンテックパワーが破産したそうです。

 

サンテックパワーは2010年に世界シェアでトップに立ちました。

後発ながら価格の安い太陽電池パネルで、日本のシャープや三洋電機(現パナソニック)を圧倒しました。

 

しかし、最近は、世界的な供給過剰による販売不振や価格下落で、資金繰りが悪化したようです。

 

中国国営の新華社によると、サンテックに資金を貸し出した銀行が5月18日に、サンテックの破産処理を申請。

無錫市中級人民法院(地裁)が5月20日に受理。

債務総額は1100億円を超えるそうです。

 

液晶・太陽電池を得意とするシャープもこのところ経営不振が取りざたされています。

一時は補助金を活用して家庭用の太陽電池の販売が伸びましたが、

補助金が打ち切られたりして、販売が落ち込みました。

 

何でもアップダウンはつきもの。

悪くなったときにも、売り続けられるか、利益を確保できるか、

そこが経営の要になります。

 

そこを乗り越えれば、企業を継続させることはできます。

しかし、ダメだったときは、ときとして諦める潔さも必要です。

早めに破産を決断しないと、被害が増える、被害者が増えることになりかねません。

 

いずれせよ、経営不振に落ったならば、まずは早めに「明るい倒産」にご相談ください。

事業継続が良いのか、整理がよいのか、

経験豊富な弁護士がアドバイスいたします。

 

  明るい倒産主宰 弁護士 大 竹 夏 夫