Q 会社は破産しないで、代表者の自分だけ破産することはできますか?

 

A できます。ただし、実務としては難しくなっています。

 

法律では、会社と社長(代表者個人)は別です。

破産法では、会社と社長を同時に破産しなさいとは書いてありません。

 

ですから、会社だけ破産して、社長は破産しないケースや

社長だけ破産して、会社は破産しないケースもありえます。

 

通常は、会社の借金、銀行借入などについて、社長はほぼ必ず連帯保証をさせられます。

つまり、会社が借金を返せないと、社長が代わりに返済しなければいけなくなります。

ですが、会社の借入はときに数千万円になります。

社長個人では返済できません。

会社が破産ということは、社長も破産せざるを得ない。

それが普通です。

 

しかし、例外的に社長が連帯保証をしていなかったり、

会社が銀行借入をしていなかったりするときは、

社長は借金がない

ということもあります。

この場合、社長個人に借金がない以上、破産をすることはできません。

 

他方、会社の営業が順調におこなっているものの、

社長個人は、個人的な借金で火の車になり、退任する。

ということもあります。

 

もっとも、裁判所では、社長個人だけの破産はなかなか認めてくれません。

会社に借金がないのであれば、別ですが、

そうでなければ、会社も破産して会社の借金を精算できるほうがよいからです。

 

老活コンサルタント(弁護士) 大 竹 夏 夫