自己破産を決意した社長さんから、こんな質問がありました。

「倒産しても自宅を残すということはできないのでしょうか?」

 

多くの経営者は、倒産するとなると、預金も自宅も取られて無一文になる。

そんなイメージを持っています。

 

しかし、実際は違います。

 

何もかも失うわけではありません。

 

自宅に関していえば、まずアポート・マンションあるいは借家などの賃貸物件を借りているのであれば、

基本的にはそのまま住み続けられます。

 

では、住宅ローンを使って購入した戸建または分譲マンションはどうなるのでしょうか。

住み続けることはできないのでしょうか。

 

原則から説明しますと、住み続けることはできません。

破産になると、債務の返済が禁止されます。

そのため、住宅ローンの返済もできなくなります。

そうすると、住宅ローンを出した金融機関は、競売手続をとります。

競売になる前に、不動産業者を通じて売却することもあります。

そうするに、自宅の所有権を失うことになるので、

住み続けることはできないのです。

 

では、どんなにがんばっても、住宅ローン付の自宅には住み続けられないのでしょうか?

答えはノーです。

例外として、住み続けることができる方法があります。

 

まず、個人民事再生手続を利用するケースです。

この手続では、住宅ローンを残す。返済を続けることができるコースがあります。

これを利用できれば、住宅ローンの返済を続けることが必要ですが、

自宅を手放す必要がありません。

ただ、住宅ローンのほかに、債務の一部を返済する必要があること、

債権者の賛同を得なければいけないことから、

この手続がうまくいかないこともあります。

 

次に、自宅を親族や知人に買い取ってもらって、その人から借りる方法です。

この方法がより一般的に行われています。

といっても、通常の不動産売買と同じですから、

数千万円という金額で買い取る必要があります。

買い取る人にそのようなまとまった資金を持っていなかったときは、

その人が住宅ローンを組むことになります。

このとき問題になるのが親戚です。

妻や夫、親や子供、兄弟姉妹が買い取る場合は、

ほとんどの金融機関も住宅ローンを出してくれません。

審査も厳しいため、住宅ローンを組めず、買取を断念せざるを得ないことが

多いです。

 

3つ目の方法は、先の知人の買取とほとんど同じですが、

リースバックという方法です。

不動産投資=賃料収入目的のスポンサーを探して、

その人(会社)に買ってもらいます。

そして、その人から賃借することで、住み続ける方法です。

この方法では、スポンサーになってくれる人(会社)を見つけることが鍵になります。

このような不動産に投資しようという人は、投資効率も考えますから、

賃料額が高くなりがちです。

 

以上のように、極めて限られていて簡単ではありませんが、

どうしても自宅に住み続けたいという方は是非、私たちレセラにご相談ください。

いろいろアイデアを出して、自宅を残せるよう考えます。