企業が倒産に至るまでには、いくつかの段階があります。

 

1 正常段階(緑)

営業利益が出ていて、それで銀行ローンの返済もできている状態。

倒産の危険はありません。

 

2 非正常段階(黄)

代金の支払いが遅れたり、返済が遅れたりしている段階。

売上減少等により入金より支出が多い状態。

銀行に追加融資を受ける必要があります。

早期に正常段階に戻す必要がありますが、営業赤字ではかえって悪化します。

 

3 危険段階(赤)

営業赤字が続き、債務超過に陥った状態です。

銀行からの追加融資も受けられません。

運転資金を得るために、消費者金融から借りたり、知人から借りたりします。

しかし、そうしたお金はあっという間になくなります。

営業黒字に転換できなければ、次の段階に進まます。

 

4 緊急段階(赤点滅)

もはや消費者金融からも借りられなくなり、

両親や親戚から借りたり、ヤミ金から借りたりします。

そうなると、自分や家族の生活まで支障を来たします。

末期状態です。

 

5 停止段階(黒)

営業休止し、会社は休眠。

収入も資産もなく、借金だけが残っている状態。

この段階では会社はもはや死んでいるのと同じです。

 

 

企業が倒産するときは、以上のような段階を経ています。

危険段階になったら、必ず、1日でも早く専門家=弁護士にご相談ください。

 

本来なら非正常段階で弁護士にご相談いただくべきです。

次の危険状態になったときの対処が迅速にできます。

 

あなたの会社を緊急段階や停止段階にしないよう、

早めに専門家にご相談することをお勧めいたします。