突然ですが、母が入院しました。

 

 

母は約2年前から認知症になり、

埼玉県内の有料老人ホームに入居しています。

数mなら歩けますが、基本は車椅子。

 

認知症も進んで、かろうじて私の名前が分かる程度。

母の話では、私はまだ大学生だったり、無職だったりします。

 

 

先週、突然、入居していた老人ホームから私の携帯に電話がありました。

「38度以上の高熱があるので、病院に連れて行きます」

 

そして、そのまま入院。

 

当初は、インフルエンザが疑われました。

老人ホームの同じフロアにインフルエンザに罹った人がいたからです。

 

インフルエンザにも罹っていました。

 

ただ、母はインフルエンザの予防接種を受けていましたし、

早い段階からタミフルを服用していたので、

こちらは問題ありませんでした。

 

 

そして、もう一つ。

 

肺炎になっていました。

 

「誤嚥性肺炎」(ごえんせいはいえん)です。

 

 

みなさん、誤嚥性肺炎をご存知でしょうか?

 

食べ物や飲み物を飲み込むことを「嚥下」といいます。

 

 

「誤嚥」とは、要するに、正常に食べ物等を飲み込めず、

肺に入ってしまうことです。

 

若い人なら食べ物、飲み物が肺に入ろうとしたら、むせます。

それで食べ物が肺に入るのを防いでいます。

 

ところが、高齢になると、飲み込む力が衰えてきます。

その結果、「誤嚥」が起きるようになります。

 

誤嚥によって食べ物が肺に入ると、肺に炎症を起こします。

これが「誤嚥性肺炎」だそうです。

 

 

母は、入院した翌日に誕生日。

満83歳になりました。

飲み込む力が衰えてきています。

 

実は誤嚥性肺炎は今回で2回目。

昨年9月にも1度入院しています。

 

今回も高熱と酸素不足に陥ったので、

入院して点滴と酸素吸入、そして抗生物質で炎症を抑えてもらいました。

 

医師によると、今回も症状は軽く、炎症も治まってきたので、

比較的早く退院できるということでした。

前回と同じくらい、一週間程度で退院できる見込みです。

 

医師は「早く退院させないと体力が衰えます」とおっしゃります。

ごもっともです。

 

もともと母は2年前までは身体も悪いところはなく元気だったのです。

ところが、認知症で入院してから、半年であっという間に

車椅子生活になってしまいました。

 

入院すると、体力が落ちます。

 

 

誤嚥性肺炎を防ぐために、老人ホームでは、食事を工夫してもらっています。

ご飯をお粥にしたり、硬い食べ物は柔らかくする、とろみを付ける等です。

 

しかし、母は飲み込む力が衰えているので、

これからもたびたび誤嚥性肺炎は起きてしまいます。

 

さらに、飲み込む力が衰えたら、

胃ろう(胃に穴を開けて食べ物、水分、薬を投入する)や

首や鼻から栄養分を摂取する方法をとることもあるそうです。

 

これでは食事とはいえないですよね。

 

食べる楽しみっていうのが、生きるうえで、とっても大切です。

それがなくなってしまったら、

苦しむだけだったら、

生きている意味があるのだろうか。

そう思います。

 

私は、母には、苦しんでまで生き延びてほしくないので、

そのような方法はとらないでくださいと医師にお願いしています。

 

延命治療の問題、重いですね。

 

母自身とよく話をして、自分で決めてもらえばよかったと

後悔しています。

 

 

母が退院したら、遅ればせながら、

誕生日を祝いたいと思っています。

 

 

(2013年3月8日 老活コンサルタント 大竹夏夫)