【当事者】

鈴木和子さん(母親、80歳)

鈴木一郎さん(息子、60歳、身体・視覚障がい1級)

 

【レセラに依頼するまで】

家族3人で暮らしてきましたが、父親の死後、一郎さんの介護を担っていた正子さんが骨折してしまいました。

援助してくれる親族もいないため、お二人とも要介護状態となりました。

外出もままならないため、預貯金の管理などに困っていたところ、

社会福祉協議会で行われた専門相談でレセラと出会いました。

 

【レセラに依頼した後】

実印や通帳、定期預金証書など財産すべてをレセラが預かり、

入出金などの管理を行う「財産管理契約」を結びました。
また、同時にレセラと「任意後見契約」も結び、認知症などで判断能力が不十分になった際に備えました。
お二人の希望どおり、正子さんの財産は日本赤十字社へ、一郎さんの財産は日本盲導犬協会へ寄付されるよう、

遺言書も作成しました。

現在、担当弁護士数ヶ月に一度自宅を訪問して

お二人とコミュニケーションを図る他、

保健所やケアマネージャーとの関係者会議にも積極的に参加して、

生活状況・健康状態の把握に努めています。
なお、正子さんが亡くなった後は、レセラが後見人として一郎さんの生活を守っていくことになっているため、

正子さんも安心して毎日を過ごしています。

 

【その他】

以前、悪徳業者に騙され、高額の羽毛ふとんを買わされてしまったことがありました。

レセラに財産管理を依頼した今後は、たとえ言葉巧みに勧誘されても、

高額な商品を買わされるという事態を防ぐことができるようになりました。