弁護士法人レセラでは、

会社更生、民事再生、特別清算など、あらゆる選択肢を検討します。

 

例えば、まだ再建の見込みがある会社なら、

裁判所に会社更生法の適用を申請したり、

民事再生法に基づいて再建手続きを申し出る方法もあります。

 

いずれも債権者や株主の利害に配慮しつつではありますが、

事業を維持できる可能性があるというだけでも、大きな希望といえるでしょう。

(ただし、民事再生の場合は原則としてそれまでの経営陣が残るのに対し、

 会社更生の場合は経営権が管財人に移るのにともない、

 旧経営陣は退任しなければなりません)。

 

ほかにも、特別清算や任意整理(私的整理・弁済交渉)など、

倒産やそれに準ずる手続きにはいくつかの選択肢があります。

 

弁護士法人レセラの専門家が、それぞれの特徴について詳しくご説明します。

まずは電話かメールでの無料相談をご利用下さい。

 

通話料無料のフリーコール 0120-85-6444

(土日祝日も休まず受付 9:00〜21:00)

 ※携帯電話からでもご利用いただけます!