自力で回収できない時は「法律」が頼りになります

「取引先にいくら催促しても支払ってくれない…」 「このまま踏み倒されないか心配…」
──こんな問題でお悩みの経営者の方、迷わず弁護士法人レセラにご相談下さい。
債権回収の様々な方法に精通した法律のプロ=弁護士が、あなたに代わって問題を解決します。

 

「素早い対応」こそ貸し倒れを防ぐカギ

あなたの会社の取引先が、期日を過ぎても約束の支払いに応じてくれないとしたら、
なぜそうなったのかをよく考えてみて下さい。

先方の都合で予定が少しずれ込んでいるだけなら、大事に至らずに済むかもしれません。
しかし、再三再四の催促にも「待って欲しい」と繰り返すばかりで、
理由の説明もあいまいだとしたら、これは深刻です。

その取引先はおそらく、資金繰りに困っています。
それどころか、倒産が目前に迫っている恐れもあり、
こうなると貸し倒れのリスクは一気に大きくなります。

とにかく、債権回収はスピードが命。
最善の結果を求めるなら、弁護士法人レセラまで早めにご連絡を。
電話かメールでのご相談は無料です。