「明るい倒産」の弁護士大竹夏夫です。

自己破産をすると,生命保険はどうなるでしょうか?

まず,解約したときにお金が戻ってこない,いわゆる「掛け捨て」の保険は,
資産ではなりませんので,
自己破産をしても何も影響はありません。
そのまま保険契約を続けることが出来ます。

次に,貯蓄性のある保険=解約したときに「解約返戻金」が戻ってくる保険は,
資産です。

では誰の資産でしょうか?

生命保険は,被保険者や受取人に関係なく,契約者=保険料を払う人の資産になります。
支払った保険料を積み立てていくものなので,月々貯金をしているようなものなのです。

そこで,契約者が自己破産をした場合は,原則として,破産管財人に引き渡すことになります。
破産管財人は,保険契約を解約して,保険会社から解約返戻金を受け取り,
「破産財団」に組み入れます。これが破産管財人の報酬や債権者への配当原資になります。

ただ,例外があります。
個人の破産の場合,すべての生命保険の解約返戻金が20万円以下であれば,
破産管財人に取られることなく,そのまま保険契約を継続することができます。

また,解約返戻金が20万円を超える場合でも,
解約返戻金の金額と同じ現金を破産管財人に支払えば,
生命保険をそのまま維持することができます。
いわば生命保険の買取です。
病気なので再度保険に入ることが困難なときには,
生命保険を維持する必要があるので,
この買取をします。

以上は個人の破産の場合です。

法人の破産で,法人が契約者になっている生命保険は,
20万円以下でも破産管財人が解約します。

法人は破産手続によって消滅することになるので,
金額が小さいからといって,残しておくことはできないし,必要もないのです。

生命保険に関しては,まだまだノウ・ハウがあります。
ご自分で考えずに,早めに専門家にご相談ください。

「明るい倒産」では,借金で苦しんでいる方が,新しい第二の人生をスタートするのを
応援しています。