契約書とは、平たく言えば、契約する当事者どうしの約束事を文書に残し、
「この通り確かに約束しました」と証明するためのものです。

 

しかし、ただ文書にすればよいわけではありません。

契約書に定められた内容が、完全に納得のいくものであれば問題ないのですが、

もし、あなたの会社に不利な条項がこっそり加えられていたら、一体どうなるでしょう?

 

また、一見よくできた契約書でも、将来に予測されるリスクへの対策が抜けていたために、
後で大きな損害が出る可能性もあります。

契約書を自ら作る場合、あるいは取引先から契約書が提示される場合、
どちらにしても、そこに記される契約条件について、1つ1つ念入りに調べておく必要があります。

 

契約書の作成やチェックは、信頼できる法律家に依頼するのが一番安心です。弁護士法人レセラにお任せ下さい。
電話かメールでのご相談は無料です。