「明るい倒産」の弁護士大竹夏夫が、会社と事業は別ものであること、

会社が倒産してなくなっても、事業は継続することができるということについて、説明しています。