当事務所代表の弁護士大竹が、資金ショート=資金よりも支出が多いときに、どのような順序で支払うべきかについて解説しています。