労働問題もレセラにお任せください!

会社の安定を左右するのは景気ばかりでなく、経営者と従業員が良好な関係であることも重要な要素です。

しかし、どれほど優秀な経営者でも、労使間のトラブルを少しも経験しないという例はほとんどありません。
むしろ、人間の集まりが会社を動かしている以上、多少の労使問題は必ず起こるものです。

そこで大事なのは、トラブルの芽を放置せず、
問題をこじらせないうちに、早めに手を打つこと。

困ったと思ったら、企業法務の専門家集団、弁護士法人レセラにご相談下さい。

 

残業代・解雇の問題から労務管理まで

一口に労働問題といっても内容は様々です。
例えば、残業代を認めるかどうかは、労使双方にとって切実なだけに、トラブルに発展しやすいと言えます。
また勤務態度に問題のある従業員を解雇したい場合も同様です。
就業規則に照らして解雇が妥当かどうかなど、いくつかの条件をクリアしなければなりません。
リストラにともなう人員削減であれば、さらに周到な準備が必要です。

労使のトラブルを最小限に抑え、円満に解決するにはどうすればよいでしょう。
こんな時こそ、頼りになるのは法律です。
弁護士法人レセラが、法律を駆使した最善の策をご提供します。
就業規則の作成など、労務管理の最適化もお任せ下さい。
電話やメールで、お気軽にお問い合わせ下さい。