AX

会社からの損害賠償請求

弁護士の中川です。

今回は、労働者が会社から損害賠償請求されたときのことについて解説します。

 

1 労働者がミスをした場合

労働者が仕事上のミスをして、会社に損害を生じさせてしまった場合、会社から損害賠償請求をされる可能性があります。

もっとも、そのような損害賠償請求には、法律や裁判例上の制限があります。

 

よくあるのは、社用車などで事故を起こしてしまい、修理費の全額をお給料から天引きされてしまったというような相談ですが、これは違法です。

会社が、労働者に対して、法律や裁判例を無視して、不当に損害賠償を請求したりするケースが多いようです。

 

2 労働者の過失について

まず、労働者に過失がなければ損害賠償請求されることはありません。

また、些細な不注意により損害が発生したという場合にも損害の発生が日常的に発生するようなものである場合も損害賠償義務は生じないと考えるべきです。

 

これに対し、労働者がわざと損害を発生させた場合や重過失によって損害を発生させた場合には、損害賠償義務が生じます。

 

3 労働者の負担割合について

判例は、労働者が損害賠償義務を負う場合にも、「信義則上相当と認められる限度」で損害賠償が認められるとしています。

 

例えば、従業員が居眠りで高額の機会を破損したことについて、深夜労働中の事故であることや、会社が保険に入っていなかったことを理由に、従業員が負う負担割合を4分の1に限定した例があります。

 

4 給料からの天引きについて

労働基準法上、賃金は全額を支払わなければならないとされており、また、いるので、会社が一方的に損害賠償額を天引きすることはできません。

 

この場合、会社は賃金を全額支払ったうえで、労働者に対して損害賠償請求をすることになります。

 

無料お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちらから