1 意外とよくある相談

 

労働問題の相談を受けていると意外とよくあるのが、「私は会社を辞めたいのに、辞めさせてくれない。どうしたらいいのか。」という相談です。

なかには、辞めたら損害賠償請求すると脅されているケースもあります。

 

2 強制的に働かせることはできない

 

もちろん、会社も、辞めたいと言っている従業員を強制的に働かせることはできません。

ポイントは、会社から変なイチャモンをつけられないように、合法的に退職するということです。

 

3 法律的に問題なく会社を退職するには

 

(1) 期間の定めがなく純然たる月給制の場合

その月の前半に退職の予告をすれば、その月で退職できます(民法627条2項)。

 

(2) それ以外で期間の定めがない場合

2週間前に予告すれば、退職できます(民法627条1項)。

 

(3) 期間の定めがある場合

この場合は、やむを得ない事由があるときに直ちに退職できますが、その事由が労働者の過失によって生じたときは会社に対して損害賠償責任を負います(民法628条)。

 

4 退職の手続

 

基本的には、会社の就業規則に従って手続するのが良いと思います。

もっとも会社の手続に従って退職届を出そうとしたら受け取ってもらえないというような場合は、一方的に提出するしかありません。

 

その場合、いつ退職届を出したのかが後々問題にならないように、メールやファックスなども活用して、いつ提出したかが後で分かるようにすると良いでしょう。