老活コンサルタントの大竹です。

先日ご質問いただいた遺言に関するお話をご紹介します。

 

 

【 質問 】

 

都内に住む76歳の女性、山本花子さん(仮名)は一人暮らし。

 

夫も子供もいませんが、大切な家族がいます。

愛犬のチャッピーです。

花子さんはチャッピーを家族同然にかわいがっています。

 

最近、衰えを感じるようになった花子さんは、

自分が死んだときに、チャッピーがどうなってしまうのか、

心配になりました。

 

自分が働いて築いた自宅の不動産や預貯金、金融資産のすべてを

チャッピーに遺すための遺言書を書くことにしました。

 

果たして花子さんはチャッピーに遺産を遺すことができるのでしょうか?

 

 

【 答え 】

 

残念ながらできません。

 

日本の法律では、動物は「物」として扱われます。

 

「物」である動物は、所有される対象であって、

財産を所有することはできないのです。

 

では、花子さんはどうしたらよいでしょうか。

 

もし、信頼できる人物にチャッピーを託せることができるのであれば、

チャッピーの面倒を見ることを条件に、その人に遺産を遺す

ということができます。

 

これを「負担付遺贈」といいます。

 

「遺贈」は、遺言によって遺産を贈与することです。

 

「負担付」というのは、その「遺贈」に条件をつけることです。

 

花子さんは、チャッピーの面倒を見ることを条件に

その人に遺贈すればよいのです。

 

もしその人が条件に違反してチャッピーの面倒を見なかったときは、

遺産を受け取れなくなります。

 

2013年2月26日

老活コンサルタント 大 竹 夏 夫